All archives    Admin

01月≪ 2017年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.27 (Sat)

5年に一度のチャンス動物愛護法改正「動物取扱業の適正化」のパブリックコメントの締め切り間近

環境省で募集している『動物愛護法改正「動物取扱業の適正化」のパブリックコメント』にはご意見を届けていただけたでしょうか?

狆というある意味特殊な犬種と暮らしているとあまりピンとこないかもしれませんが、現在、日本のペット業界にはあまりにも動物の福祉を無視した心無い人間がたくさんいます。
業界の自主規制だけに任せていて苦しむ動物があとを絶たないのなら、法を動かすべく私たちが意見を送るしかありません。

業界の利益優先の動物愛護法ではなく、動物の福祉を尊重した法律に変えるために皆様のお力をおかしいただけませんか?

動物福祉の国際的基準       『5つの自由』
    1. 飢えと渇きからの自由
    2. 不快からの自由
    3. 痛み・負傷・疾病からの自由
    4. 恐怖や抑圧からの自由
    5. 正常な行動を表現する自由

パブリックコメントは数が勝負です!

5年前の動物愛護法改正のためのパブリックコメント募集の際は、業者の組織票9500に対し、動物の福祉を優先した意見が200通と、圧倒的多数で[生後8周齢まで、親元から幼齢動物を離してはならない]という改正案が見送りになりました。
その結果があまりにも早期に離乳させられ、親兄弟とふれあうことで学ぶことも学べないまま、ガラスケースに閉じ込められ、脳が未発達であったり、情緒に障害が出る子さえいます。
パピーミルを根絶して、生体展示販売を禁止しないと、不幸な犬猫が後を断ちません。
何も知らないまま購入した飼主さんは、思いがけない「疾患」や「問題行動」に困ることになります。

最悪のケースでは、飼育を放棄し遺棄・センターへの持込とつながることも多々あるのです。

どうか、私たちの最良の伴侶をこれ以上苦しめることがないよう、みなさんのご意見を環境省に届けてください。

前回《8周齢賛成》の意見200通に対し、業者側の反対票9500通だったのが、今回は3万通をノルマとして課しているそうです。
まだ、パブリックコメントにご意見を送っていない方、締め切りまであとわずかです。
27日必着ですので、人間の利益のために犠牲になることのないよう、貴重なお時間を分けてあげてください。

環境省
  『動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)』
    http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069
   「意見募集要項」
    http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17981&hou_id=14069
   「動物取扱業の適正化について(案)」
    http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17982&hou_id=14069
   「(参考資料)動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等」
    http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17983&hou_id=14069


でもね、これ、だからどうすりゃ」いいのよって方、たくさんいらっしゃいますよね?

そこで、あちこちのサイトで今回のパブコメを詳しく説明、または簡単に意見送付できるように工夫してくださっていますので、ご紹介します。

ALIVE
  『パブリックコメントに意見を出そう!』
   http://www.hogohou.net/pub_comment/index.html
One Action for Animals
  『パブリックコメントについて』
   https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment


《パブコメ例文集》―One Action for Animalsさんより
  渡辺眞子さんのブログ
    http://www.mako-w.com/Entry/678/
  ねりまねこさんのブログ
    http://ameblo.jp/nerimaneko/day-20110812.html
  細川敦史弁護士のブログ
    http://blogs.yahoo.co.jp/qdkbd678/62048134.html
  『ジュルのしっぽ』の著者 山崎花奈さんのブログ
    http://blog.goo.ne.jp/jule2856/d/20110806
  野田チャッキーさんのブログ
    http://ameblo.jp/nodachakky/day-20110808.html
  わんの幸せさんのテキスト
    https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment/samples
Free Pets
  『パブリックコメント 』
   http://freepets.jp/signature/64-publiccomment.html
雪凪 響さんのブログ
   http://ioriaotori.blog85.fc2.com/blog-entry-718.html

わけわかんないけど、とにかく出さなきゃ!と思ってくださった方
《1クリック・ツール》
  『5分で出せるパブコメ』―パブコメ出そう団さん
    http://nekonuko.ure.jp/pc/
  『1分で出せるパブコメ」』―公益財団法人どうぶつ基金さん
    http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/blog-entry-296.html

PC環境にない方にも手伝ってもらおう!と、考えてくださった方
《郵送やFax利用》
  『犬と猫と人間の話』―ほぼ日刊イトイ新聞さん
    http://www.1101.com/george/2011-08-19.html
   ダウンロード用PDF
     http://www.1101.com/george/images/public_comment/public_comment.pdf
     (郵送では間に合わない可能性がありますので、Faxをご利用の上、送信が完了したことを必ずご確認ください。)


ひとつだけ・・・
 わたし個人としては、8周齢では早すぎる、と感じています。

 犬が犬として、猫が猫として親から離れて生きていくためには生後半年(24週)までは必要です。
 これは、母犬との関係を観察すれば明らかですが、母犬は生後5ヶ月まではとことん子犬の甘えに付き合いますが、5ヶ月齢を過ぎると子犬との距離を持ち始めます。遠くで監視だけは怠らず、子犬の行動に歯止めをかけたいときだけ一喝するようになるのです。これが所謂独り立ちを促す行動なのだと思います。

 ですが、さすがに業界の自主規制だけにまかされていた段階から24週齢までの引き上げに無理があるのなら、せめて90日(12週6日)齢までは引き上げたいところです。

 狂犬病予防法により生後90日までに狂犬病予防接種と登録が義務付けられているところから、90日齢まで母犬と離してはならないとなれば、繁殖者が一度は登録をしなければならなくなります。
そうすれば、流通ルートに乗った後に疾患が見つかった場合にもおのずと繁殖者の責任を追及できることになります。これはトレーサビリティーの観点から消費者を守るという意味において、重要なこととなります。
もちろんこの場合、マイクロチップ挿入も90日齢までに済ますことを義務付けるべきです。
 生後すぐには発現しない遺伝性疾患も繁殖者の責任が追求できることにより、無知による繁殖、利益のみを求める繁殖を淘汰し、動物たちの健全な成長、飼い主の無駄な負担を減らすことに繫がると考えます。

私は、8周齢問題に関しては、《90日齢》を意見として送ります。

あと2日どうか不幸な動物たちをなくすために、皆様のお時間をください。
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

15:33  |  動物愛護  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。