All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.08 (Sun)

【犬と猫と人間と】再び

映画『犬と猫と人間と』を鑑賞してきました。

今回は【動物との共生を考える連絡会】が主催となり、【かわさき犬・ねこ愛護ボランティア】が共催した『動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川』の第一部としての上映会でした。

2009年6月に江ノ島で行われた上映会には同時開催のパネル展スタッフとしての参加だったので映画自体を鑑賞することができず、2009年2月のお披露目上映会以来2回目の鑑賞となりました。

間2年を経て、こちらの見る目にも変化があったのでしょう。今回の鑑賞で印象に残ったのはやはり“ワン”に関する部分でした。(前回はやっと【ねりま猫】が収束に向かう途中でしたので、意識は猫さんに向いていました。)

映画中、飯田監督がある獣医にインタビューする中で戦中の犬の処遇を話されながら、『国が平和でないと結局動物が犠牲になる。』と言ったような事をお話されていました。
3月11日以来の福島を見ていると、本当に戦中のような大義名分が振り回され、たくさんの動物が犠牲になっています。70年経っても、たとえ《動物の愛護と管理に関する法律》を作ったとしても日本人の本質は変わってないんじゃないかと思うほど動物の命がなおざりにされ、残念でなりません。

いえ、だからこその『動物愛護管理法を考えるシンポジウム』なんですよね。

もう一つ、心に残った場面は【神奈川県動物愛護協会】の保護犬“しろえもん”のトレーニング場面でした。
元気で明るく天真爛漫な“しろえもん”にトレーニングを施すのですが、最初のトレーナーさんはチョークチェーンで思いっきりジャークする強制訓練のトレーナーさん。“しろえもん”の表情がどんどん曇っていく様子が痛々しかったです。
次にいらしたトレーナーさんはクリッカートレーニングを応用し正の強化を基本にしたトレーナーさんで、みるみる“しろえもん”の表情がいきいきと変化していくのが見て取れました。
何より“しろえもん”を見守るスタッフのみなさんの顔が明るくなるのですね。

“しろえもん”のトレーニング場面はごくわずかなものでしたが、この映画を観て犬も飼い主も穏やかに心を通わすことのできるトレーニング方法があるということに多くの方が気がついてくださることを願っています。

映画の上映後、飯田基晴監督と山崎恵子氏(ペット研究会「互」)の対談を拝聴しました。

2011+05+07_縺・■縺農1279_convert_20110529162415

2011+05+07_縺・■縺農1280_convert_20110529162634

山崎さんが飯田監督に『是非、動物問題をテーマにした映画の第2弾を』とおっしゃっていましたが、なんとなく構想はあるようですよ。期待しましょうね。

そして、『犬と猫と人間と』の小学生向け縮小版の製作もそろそろ完成するそうです。小学生への啓発にも期待大です。
監督、完成をお待ちしていますね。


この日のメインイベントはもちろん『シンポジウム』だったのですが、仮オカンはタイムオーバー。
本当に残念ですが、後ろ髪を引かれる思いで帰ることにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

03:15  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.01 (Sun)

「動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川」のお知らせ

へちまこさんのブログ【liddell the dog】からのお知らせです。

お時間のある方、映画『犬と猫と人間と』をまだご覧になっていらっしゃらない方、動物愛護法改正にご関心のある方、是非お運びください。
仮オカンも時間の許す限りお邪魔するつもりです。

【liddell the dog】
  《「動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川」のお知らせ》
     http://living-wan.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/in-5193.html

********************************

動物との共生を考える連絡会主催

動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川

動物愛護管理法の見直しに向け、現状の問題点や課題を共有し意見交換を行うシンポジウムです。

第1部

「犬と猫と人間と」 上映会 (入場無料 定員:200名先着順) 

町を歩けばあちこちで目にする光景があります。それは散歩中の犬や、路地裏でくつろぐ野良猫たち、しかし、全ての犬や猫が幸せな一生を送れるわけではありません。空前のペットブームの影で、日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。1日に1000匹近くが殺されている現実があります。

あなたは、犬と猫たちのことをほんとうに知っていますか?

「犬と猫と人間と」 公式サイト www.inunekoningen.com/


会 場: ラゾーナ川崎プラザソル 川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ5F

日 時: 2011年5月7日(土)

会 場: 10:10~

上 映: 10:30~12:30

対 談: 12:30~13:00 

     飯田基晴 監督(「犬と猫と人間と」監督)+山崎恵子氏(ペット研究会「互」)

第2部

動物愛護法改正シンポジウム (入場無料)

 「法で支える動物との共生~今、何が欠けているのか?~」

時 間: 14:00~17:00

パネリスト: 馬場 国敏氏(社団法人川崎市獣医師会会長)

        角 洋之氏(川崎市動物愛護センター所長)

        山口千津子氏(社団法人日本動物福祉協会)

        廣田とも子氏(かわさき犬ねこ愛護ボランティア)

コーディネーター:山崎 恵子氏 (ペット研究会「互」)


*主 催:動物との共生を考える連絡会

*共 催:かわさき犬・ねこ愛護ボランティア

*後 援:川崎市/社団法人川崎市獣医師会


お問い合わせ:かわさき犬・ねこ愛護ボランティア 090-3236-5535  090-3236-5535(担当:森)

追記あります。

上映会へご参加の方にお願い

今回の上映会につきましては、小学生以下の児童のみでの鑑賞はお断りとさせていただきます。前回、小学生以下の児童のみを残された保護者の方がおられます。

映画は2時間余りのドキュメンタリーですので、低学年の児童によっては途中退席が目立ちました。

映画の場面によっては、子どものみでは観るに堪えかねない場面もあります。子どもたちのメンタルな部分をサポートできる保護者とのご同伴のもと、ご鑑賞をお願いいたします。

まだ余震の影響が残る中での上映会となると予測できますので、ボランティアだけでは、子どもたちの安全の確保に責任が持てません。子どもたちの安全のためにも保護者同伴の鑑賞をお願いいたします。

社会的な問題を提起したドキュメンタリー映画ですので、どうぞ、ご家族でご鑑賞いただき、ご家庭での子どもを交えたデスカッションができることを、ボランティア会員は強く望んでおります。

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

21:11  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.30 (Wed)

春の花見会場でのデモンストレーション ― お手伝いさん求む!

仮オカンの住むは、5町連合町内会が一つの小学校の敷地を防災拠点としています。
では、この5町内でどれほどのペットが飼育されているのでしょう。

昨年9月23日に行われた-ひとと動物の防災を考えよう-の際、横浜市当該区での畜犬登録数を約1万頭と聞いていました。とすると…

平成21年度の厚生省で管理している全国の畜犬登録数と一般社団法人ペットフード協会が発表した平成21年度全国犬猫飼育率調査結果の対比をざっくり1万頭に掛けると、当該区での犬猫飼育推計は約3万1千頭(1)。

一方、全国犬猫飼育率調査結果の飼育率を当該区の人口に当てはめると約3万8千頭(2)となり、その(1と2)中間を当該区内の連合町内会組織数で換算すると……

仮オカンの住む連合町内会での推計犬猫飼育数は、
約2,500頭
となります。

えらいこっちゃ。

ま、あまりにざっくりとした推計ですし、そもそも避難場所に指定されている小学校での防災用割り当て教室数も3教室なので、この2,500頭をどうするにしても現実味のない話ではありますが。
ちなみにこの数字、当該区の18歳未満の子供の数や70歳以上の方の人口に匹敵します。

こうなると、ペットの飼い主それぞれに《ペット同行避難》を推奨するだけでは片手落ちで、防災拠点委員の方にも防災拠点でのペット同行避難を本気で考えてもらわなければなりません。

そこで仮オカン、急遽ではありますがまたまたパネル展示をしようと思います。

image003_convert_20110331175708.jpg

日程  4月2日(土)
場所  横浜市金沢区 称名寺境内
会場  南部地区連合町内会 “花見バザー”
時間  午前10:00~午後14:00(予定)


もともと連町での花見バザーは予定されていたのですが、今回の震災を受け、急遽収益の一部を義捐金に当てることになりました。

チャンス到来。
義捐金の募金を目的にするのなら、動物への義捐金を集めてもいいじゃない?
もし、動物への義捐金がたくさん集まったら、連町役員に関心の高さをアピールできるじゃない?
同時に来場者に《同行避難》をアピールできるじゃない?


すったもんだの末、【緊急災害時動物救援本部】への義捐金集めは叶いませんでしたが、消防団の防災啓発ブースの隣に動物のための防災啓発ブースをいただくことができました。

さて、あと二日。
前日は狂犬病予防接種会場でのサポートも約束してるし…準備が間に合うのか?アタシ。

当日、お時間・関心のある方、是非お手伝いにいらしてください。
よろしくお願いいたします。

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

16:46  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.28 (Mon)

【災害時のペット対策】横浜市は同行避難を推奨しています。

震災直後の記事にも書きましたが、被災地では避難勧告が出たときに一度避難しながらペットにごはんだけでも置いてこようと自宅に戻り、そのまま帰らぬ人となった方もいらっしゃったようです。
避難所に着の身着のまま避難されてきた多くの飼い主の方は、自宅に置いてきたペットや命だけでも助かって欲しいと首輪を外し野に放したペットを今必死に探していらっしゃいます。

戻らない家族をお持ちの方は“なぜあの時止めなかったのか”と、きっと悔やまれていることでしょう。ご自身だけ避難できた方は“なぜあの時いっしょに連れてきてあげなかったのか”と、生き続けていることを願っていることでしょう。

被災地にボランティアで入られた医師の方が“以外に多かった。”と驚かれたのは、犬の咬傷事故だったそうです。
大きな地震、津波に遭い、ふとわれに返れば飼い主がいなくなり朝晩もらえていたご飯さえももらえない。いつもと違う空腹と不安とパニックの中で犬たちにとって使えるものはその牙でしかないのでしょう。

これは想像でしかありませんが、食べるものを自力で探すしかない犬たちは、きっと回収できないご遺体を口にすることもあったでしょう。ご遺族には耐えられることではありませんよね。

そして被災地以外からレスキューの手を差し伸べている方々の中には、捨て身の覚悟で福島原発半径20kmの地域に入られている方もいらっしゃいます。


どれもこれもペットとの同行避難が浸透していれば、その何割かは防げたことだったはずです。


一方、ペットを連れて避難された方々の中にも避難所の敷地の中にはいてもペットと車の中で過ごされている方、周りに大変気を使い肩身の狭い思いをされている方もいらっしゃいます。
それでなくても何百人という単位での共同生活で神経がピリピリしている避難所で、ペットの吼え声、匂い、抜け毛は許せるものではないでしょうし、元々動物がお嫌いな方やアレルギーを持っている方もいらっしゃるのですからペットを連れての避難が大変難しいものだということはよくわかります。


でも、だからこそ私たち被災地以外の者は【災害時のペット対策】を今きちんと構築しておかなければならないのだと思います。


横浜市【災害時のペット対策】
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/hokenjo/genre/doubutsu/pdf/saigaiji.pdf
hyousi.jpg
 第1部 地域防災拠点でのペットとの同行避難対応ガイドライン
 第2部 動物救援センターについて
 第3部 動物救援病院について

環境省からの指導によって、昨年各県では『動物愛護管理推進計画』を策定しました。横浜市は神奈川県動物愛護管理計画に沿って計画を進めました。(横浜市は神奈川県の政令指定都市です。)

上記『災害時のペット対策』ガイドラインを何度か読み直したのですが、横浜市として《ペット同行避難》を推奨しているか否かの明文が見当たりませんでしたので、保健センター・動物愛護担当職員に確認を取ったところ、
『横浜市では《同行避難》を推奨しています。』
と、回答をいただきました。

横浜市のみなさん、災害時に避難をする際には必ずペットを同行してください。
他地域にお住まいのみなさん、是非お住まいの行政にペット同行避難を推奨しているか確認してください。「推奨していない。」と回答された場合は、もう一歩踏み込んで推奨するよう要望してください。要望が多ければ多いほど、行政は動かなければならないはずです。

同行避難はペットの命を守るだけではなく、人間の命をも守ることになるのです。

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

16:04  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011'02.27 (Sun)

五十の手習い

五十を過ぎて資格取得に精を出す仮オカン。
【日本ペット栄養学会】主催の《ペット栄養管理士》取得に挑戦していました。
keitai+018_convert_20110310175438.jpg

だけどこれ、半年に一回の講習を3回受けなきゃなんない…
しかも、やっと講習が3回終わって認定試験に向け勉強を始めたら、角膜に傷が付いて目があけていられず試験勉強を断念。申し込んでおいた認定試験も受けず。
結局認定試験にたどり着くまでに1年半かかってしまいました。

試験2週間前になってやっと始めた試験勉強。
2011+02+23_縺・■縺農1149_convert_20110310180505

想定問題だけで500題。
2011+02+23_縺・■縺農1150_convert_20110310180555

“ドコサヘキサエン酸”やら“IgE”なら、なんとなく聞いたことあるけど、“Ca5(PO4)3(OH)”まで来ると、「ただのおばさんに何の必要があるのよ」なんて逆切れしてみたくもなる。
2011+02+23_縺・■縺農1152_convert_20110310180705

理学部化学科無機専攻の娘は、嬉々としてミネラルの化学式を説明してくれたけど、そんなこと言われたらなおさらわかんなくなるのよね。
2011+02+23_縺・■縺農1153_convert_20110310180732

さてさて、今日の認定試験の結果はどう出るのかな
4月10日の発表を楽しみに待ちましょう。

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

23:47  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。