All archives    Admin

02月≪ 2011年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.30 (Wed)

春の花見会場でのデモンストレーション ― お手伝いさん求む!

仮オカンの住むは、5町連合町内会が一つの小学校の敷地を防災拠点としています。
では、この5町内でどれほどのペットが飼育されているのでしょう。

昨年9月23日に行われた-ひとと動物の防災を考えよう-の際、横浜市当該区での畜犬登録数を約1万頭と聞いていました。とすると…

平成21年度の厚生省で管理している全国の畜犬登録数と一般社団法人ペットフード協会が発表した平成21年度全国犬猫飼育率調査結果の対比をざっくり1万頭に掛けると、当該区での犬猫飼育推計は約3万1千頭(1)。

一方、全国犬猫飼育率調査結果の飼育率を当該区の人口に当てはめると約3万8千頭(2)となり、その(1と2)中間を当該区内の連合町内会組織数で換算すると……

仮オカンの住む連合町内会での推計犬猫飼育数は、
約2,500頭
となります。

えらいこっちゃ。

ま、あまりにざっくりとした推計ですし、そもそも避難場所に指定されている小学校での防災用割り当て教室数も3教室なので、この2,500頭をどうするにしても現実味のない話ではありますが。
ちなみにこの数字、当該区の18歳未満の子供の数や70歳以上の方の人口に匹敵します。

こうなると、ペットの飼い主それぞれに《ペット同行避難》を推奨するだけでは片手落ちで、防災拠点委員の方にも防災拠点でのペット同行避難を本気で考えてもらわなければなりません。

そこで仮オカン、急遽ではありますがまたまたパネル展示をしようと思います。

image003_convert_20110331175708.jpg

日程  4月2日(土)
場所  横浜市金沢区 称名寺境内
会場  南部地区連合町内会 “花見バザー”
時間  午前10:00~午後14:00(予定)


もともと連町での花見バザーは予定されていたのですが、今回の震災を受け、急遽収益の一部を義捐金に当てることになりました。

チャンス到来。
義捐金の募金を目的にするのなら、動物への義捐金を集めてもいいじゃない?
もし、動物への義捐金がたくさん集まったら、連町役員に関心の高さをアピールできるじゃない?
同時に来場者に《同行避難》をアピールできるじゃない?


すったもんだの末、【緊急災害時動物救援本部】への義捐金集めは叶いませんでしたが、消防団の防災啓発ブースの隣に動物のための防災啓発ブースをいただくことができました。

さて、あと二日。
前日は狂犬病予防接種会場でのサポートも約束してるし…準備が間に合うのか?アタシ。

当日、お時間・関心のある方、是非お手伝いにいらしてください。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

16:46  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.28 (Mon)

【災害時のペット対策】横浜市は同行避難を推奨しています。

震災直後の記事にも書きましたが、被災地では避難勧告が出たときに一度避難しながらペットにごはんだけでも置いてこようと自宅に戻り、そのまま帰らぬ人となった方もいらっしゃったようです。
避難所に着の身着のまま避難されてきた多くの飼い主の方は、自宅に置いてきたペットや命だけでも助かって欲しいと首輪を外し野に放したペットを今必死に探していらっしゃいます。

戻らない家族をお持ちの方は“なぜあの時止めなかったのか”と、きっと悔やまれていることでしょう。ご自身だけ避難できた方は“なぜあの時いっしょに連れてきてあげなかったのか”と、生き続けていることを願っていることでしょう。

被災地にボランティアで入られた医師の方が“以外に多かった。”と驚かれたのは、犬の咬傷事故だったそうです。
大きな地震、津波に遭い、ふとわれに返れば飼い主がいなくなり朝晩もらえていたご飯さえももらえない。いつもと違う空腹と不安とパニックの中で犬たちにとって使えるものはその牙でしかないのでしょう。

これは想像でしかありませんが、食べるものを自力で探すしかない犬たちは、きっと回収できないご遺体を口にすることもあったでしょう。ご遺族には耐えられることではありませんよね。

そして被災地以外からレスキューの手を差し伸べている方々の中には、捨て身の覚悟で福島原発半径20kmの地域に入られている方もいらっしゃいます。


どれもこれもペットとの同行避難が浸透していれば、その何割かは防げたことだったはずです。


一方、ペットを連れて避難された方々の中にも避難所の敷地の中にはいてもペットと車の中で過ごされている方、周りに大変気を使い肩身の狭い思いをされている方もいらっしゃいます。
それでなくても何百人という単位での共同生活で神経がピリピリしている避難所で、ペットの吼え声、匂い、抜け毛は許せるものではないでしょうし、元々動物がお嫌いな方やアレルギーを持っている方もいらっしゃるのですからペットを連れての避難が大変難しいものだということはよくわかります。


でも、だからこそ私たち被災地以外の者は【災害時のペット対策】を今きちんと構築しておかなければならないのだと思います。


横浜市【災害時のペット対策】
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/hokenjo/genre/doubutsu/pdf/saigaiji.pdf
hyousi.jpg
 第1部 地域防災拠点でのペットとの同行避難対応ガイドライン
 第2部 動物救援センターについて
 第3部 動物救援病院について

環境省からの指導によって、昨年各県では『動物愛護管理推進計画』を策定しました。横浜市は神奈川県動物愛護管理計画に沿って計画を進めました。(横浜市は神奈川県の政令指定都市です。)

上記『災害時のペット対策』ガイドラインを何度か読み直したのですが、横浜市として《ペット同行避難》を推奨しているか否かの明文が見当たりませんでしたので、保健センター・動物愛護担当職員に確認を取ったところ、
『横浜市では《同行避難》を推奨しています。』
と、回答をいただきました。

横浜市のみなさん、災害時に避難をする際には必ずペットを同行してください。
他地域にお住まいのみなさん、是非お住まいの行政にペット同行避難を推奨しているか確認してください。「推奨していない。」と回答された場合は、もう一歩踏み込んで推奨するよう要望してください。要望が多ければ多いほど、行政は動かなければならないはずです。

同行避難はペットの命を守るだけではなく、人間の命をも守ることになるのです。

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

16:04  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.27 (Sun)

春の訪れ

暑い夏を過ぎ、いつもより寒い冬を過ぎ、大きな地震や想像できないほどの津波が押し寄せても、確実に春は訪れるのですね。

久しぶりに穏やかに晴れ渡った今日。いつもの公園にお散歩に行きました。

数年前から横浜市の財政難を理由に滝からの水をとめられた滝の公園の小さな小さな水溜りに、雨水を頼りにこの世に生を受けたおたまじゃくし。

2011+03+29_縺・■縺農1199_convert_20110329174643
この雨水が干上がる前にもう一雨降ることを願わずにはいられません。

今回の震災で被害を受け、避難生活を続けている小学生にも新しい春は訪れます。
着の身着のままランドセルを以て避難することのできなかった小学生に、使い終わったランドセルの支援も始まっています。
お手持ちに小学校を卒業したお子様がいらっしゃるご家庭の方は、押入れの中をもう一度見てみてくださいね。

    2011+03+28_縺・■縺農1202_convert_20110329182023


がんばれ!被災地のこどもたち!!みんなでランドセルを贈ろう!
http://fuwarii.com/charity/

東日本大震災 ランドセル運動
http://www.kashiwajc.jp/2011meeting-project/2011meeting/167-2011-03-24-16-09-30.html

テーマ : - ジャンル : ペット

17:40  |  いちご  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.25 (Fri)

想い想われ

この春新しい世界へと飛び立つ予定の仮オカン家おねえちゃん。
中学生の頃からの夢が叶い、JICA・青年海外協力隊・一次隊員として4月6日から研修期間に入ります。
当初予定の福島県二本松の研修センターは早々に福島原発避難地域の方たちを受け入れ、急遽大阪茨木市での研修に変更になりました。

震災前は、赴任地アフリカ・タンザニアでの活動に期待と不安だけを思い描いていましたが、メディアが伝える日本への支援の輪の中に、発展途上国と言われる国々からの報道を見るにつけ、過去JICAを初めとするODA事業や、大きな志を持って活動を続けてこられたNPO団体の方々、個人の方々の実績の賜物なのだと感じます。

タンザニアのお隣、ケニアの子供たちが被災者のために祈ってくれました。


世界中の日本に心を寄せてくださる方々に感謝して、また次の世代にこうして想い想われる繋がりが続くように、
あなたはあなたの道を自信を持って進みなさい。

オカンはいつでも応援しているよ。

いちごちゃんもね。
2011+03+21_縺・■縺農1192_convert_20110330001452

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

23:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.24 (Thu)

結婚記念日

地震後、柄にもなく落ち込んでしまっていた仮オカン。
家族に随分気を使わせてしまいました。

そんな仮オカンに仮オトンが結婚26周年を記念して花束をプレゼントしてくれました

2011+03+24_縺・■縺農1205_convert_20110329172422
食べちゃダメ!

ありがと!仮オトン。

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

17:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.23 (Wed)

緊急災害時動物救援

緊急災害時動物救援本部のサイトが立ち上がりました。
お力添えいただける方は、“今できること”を是非ご検討ください。

緊急災害時動物救援本部
   http://www.jpc.or.jp/saigai/


 ●財団法人日本動物愛護協会
   http://www.jspca.or.jp/
 ●社団法人日本動物福祉協会
   http://www.jaws.or.jp/
 ●公益社団法人日本愛玩動物協会   
   http://www.jpc.or.jp/index.html
 ●社団法人日本獣医師会
   http://nichiju.lin.gr.jp/

事務局:財団法人日本動物愛護協会
〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1 南青山ファーストビル6階
TEL:03-3409-1821 FAX:03-3409-1868

緊急災害時動物救援本部の主な活動内容
1. 被災動物の救護等のための人材派遣・物資提供・資金供与
2. 救護活動を円滑に実施するため、政府・都道府県等の関係行政機関との連携
3. 緊急災害発生時の効率的な救護活動のための予防措置

***************

公益社団法人日本愛玩動物協会(http://www.jpc.or.jp/tohokukanto-daishinsai.html)のサイトで、現在の緊急災害時動物救援本部の活動状況が確認できます。

● 地震発生からの動物救援活動の経過
● 義援金の募集
● ボランティアの募集
● 被災地情報の募集
● 被災地の行政への連絡
● 被災地への支援物資の輸送
● 被災地でのボランティア活動
● 支援にご協力いただける企業様へ
● 会員からの情報

***************

現地に関わる情報サイト

【東北地震犬猫レスキュー.com 】
   http://tohoku-dogcat-rescue.com/ 
【地球生物会議ALIVE blog】
   http://alive-net.cocolog-nifty.com/
【獣医師広報版・災害と動物掲示板】 
   http://www.vets.ne.jp/bbs/c_0700.cgi
【ヨコハマ・ドック・レスキュー(YDR)・Jazzyな犬たち】
   http://blogs.yahoo.co.jp/kikichann2001

***************

現地で活動する個人・団体
《dogwood》
  http://blog.goo.ne.jp/welcome-dogwood
《福のボンボン日記》
  http://ameblo.jp/hirasaya/
【NPO法人A-CUBE】
  http://www.a-cube-sendai.com/
 《エーキューブ通信-東北関東震災支援》  
   http://a-cube-sendai.sblo.jp/
【動物いのちの会・いわて】
  http://www.inochinokai.com/
《これからの予定&お知らせ》
   http://yoteioshirase.blog57.fc2.com/
【アニマルピース】
   http://www.anip.biz/
  
【NPO法人 ARK】
  http://www.arkbark.net/?q=ja/
 《ARKなしっぽ》
  http://arknashippo.blog90.fc2.com/
【NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」】
  http://angels2005.org/
 《ずばり!一言》
   http://angels1947.blog104.fc2.com/
 《活動日誌》
   http://teamangels.blog89.fc2.com/  
【NPO法人 犬猫みなしご救援隊】
  http://www.minashigo.jp/
 《東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動》
   http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/
【一般社団法人UKCJapan】
 ドッグレスキュー  
   http://ameblo.jp/dog-rescue/   

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

17:07  |  ボランティア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.19 (Sat)

後遺症

仮オカンの町内の半分は埋立地です。
たまたま港にいた仮オトンが11日の地震直後の港(埋立地内)の様子をビデオで撮っていました。

液状化した土砂が排水溝や護岸のつなぎ目からあふれ出る様子です。


そして、その土砂が元々あった土地は大きく隆起してしまいました。
20110313163253.jpg

辟。鬘・1_convert_20110323180232
(画像は黒川横浜市議様のブログよりお借りしました。)

おそらく被災地ということで、計画停電の対象地域から外れたのでしょう。仮オカンの町内は停電することなく電気が使えます。

でも、被災他の方々の寒さや輪番で不便を強いられている方々のことを思えば、家中の家電のコンセントを抜き、できるだけ陽の光で日中を過ごし、少しでも明るいうちにと夕飯の支度も早めはやめに済ます努力はしています。


東電関係のみなさんや復旧に携わる方々の努力があって、私たちには日々元の生活が戻りつつありますが、今年大学生活を終えるおねぇちゃんの卒業式は早々に中止が決定しました。
親子そろって楽しみにしていた卒業式は中止になりましたが、学部ごとの卒業証書授与式だけは行われ、なんとか楽しみにしていた袴姿にはなれました。

DVC00005-2.jpg
送られてきた1枚の写メに涙が溢れる仮オカン

大學3年の1年間、アメリカに留学していたおねぇちゃんのFaceBookにはアメリカ、イギリス、トルコ、チリ、世界中のお友達からおねぇちゃんや日本を心配するコメントが寄せられ、そんなことにも涙が溢れる仮オカンです。

世界中の方が日本の惨状に祈りを捧げてくださっているのですね。


また、涙です。

そうそう、節電続行中につき昼間は暖房もつけず、点けても設定温度18度の極寒の仮オカン家。
3狆並ぶ姿がときどき見れるようになりましたよ。

2011+03+21_縺・■縺農1194_convert_20110324062721





テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

17:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.16 (Wed)

狆の里親さん募集 【東京】 福(プク)ちゃん

いちごちゃんに限らず新しい飼い主様を待っている狆ちゃんがいます。
どうか、良いご縁が繋がりますように。

c0220927_201878.jpg

ドッグレスキュークラブ・東京

保護犬  No.110301O-JCPF

知人からの依頼
犬種 狆
性別 ♀
体重 5kg弱
年齢 6歳
医療 •避妊手術
•歯石除去
•混合ワクチン接種(8種)
•フィラリア抗原抗体検査
•検便


性格・特徴など
まるで仔犬のような子です。

ちょこまかとよく動き、長い手足でぴょんぴょん跳ね回ったり、ワンコベッドで一人くねくね・・・。見ていて飽きません。

とにかく、人のお膝が大好きな甘えん坊さんです。隙あらば、いつでもどこでも、抱っこ・抱っことせがみます。かと言ってしつこい訳でもなく、こちらが「ダメ!」と教えると、そこは6才の落ち着き!?あっさりと諦めてくれます。

預かり直後は、私がいなくなると寂しいのか不安なのか、少々要求吠えなるものがありましたが、それも何日かで落ち着き、大人しく待っていられるようになりました。

仔犬からしか、ワンコを飼った事のない私にとって、ある意味衝撃的だったのはオシッコ。教えてもいないのに、来た直後から我が家のワンコトイレへ!ワンコ友達のお宅へいった時も同様でした。その場にいた人間皆感心!ウンチはたまに外す事もありますが、概ねトイレで出来ます。


里親希望の方は下記よりお問い合わせ下さい

ドッグレスキュークラブ・東京
里親希望のアンケート

預かりブログ
てんぺき日和

~追記~

諸事情があり、募集記事を書き損なっているうちに、新しいご家族が決まりました。
3月21日
お引渡しが済みました。

よかったね、プクちゃん。
いつまでもいつまでも幸せにね

テーマ : 里親募集 - ジャンル : ペット

17:15  |  狆の里親さん募集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.15 (Tue)

【東北地方太平洋沖地震】 緊急災害時動物救済救援本部設置

あと数分で停電になりますので、コピペです。

**********************

東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金を募集しております。

今般の東北地方太平洋沖地震における被災地救援活動の一環として動物を救済すべく、緊急災害時動物救援本部(平成8年の阪神大震災を契機に政府の仲介で設立)では、東北地方太平洋沖地震の被災動物への支援をしております。詳しくは、下記の1.2をご確認下さい。



1.東北地方太平洋沖地震の被災動物への支援内容
・救援物資の搬送
・資金援助
・その他、現地の要望に応じて行います。

2.義援金の募集
 上記1のとおり、東北地方太平洋沖地震の被災動物やその飼育者の支援を行うため、活動資金の募集をしております。振込先口座は、下記のとおりです。
ご協力お願い申し上げます。

みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)
普通預金 4335112
口座名 緊急災害時動物救援本部

動物救援を行うため、皆様よりの義援金をお寄せいただきたく、ご協力下さいますようお願い申し上げます。

(お問い合わせ先)緊急災害時動物救援本部
(事務局:財団法人日本動物愛護協会)
〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1
南青山ファーストビル6階
電話 03(3409)1821 ファクス 03(3409)1868

緊急災害時動物救援本部の構成団体
・財団法人 日本動物愛護協会
・社団法人 日本動物福祉協会
・公益社団法人 日本愛玩動物協会
・社団法人 日本獣医師会

緊急災害時動物救援本部の主な活動内容

・被災動物の救護等のための人材派遣・物資提供・資金供与

・救護活動を円滑に実施するため、政府・都道府県等の関係行政機関との連携

・緊急災害発生時の効率的な救護活動のための予防措置

テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

15:14  |  ボランティア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.14 (Mon)

災害時のペットの保管

震災により亡くなられた方、言葉に表すことはできませんが、ご冥福をお祈りいたします。
被災にあわれた方々、震災被害地域の皆様心よりお見舞い申し上げます。

256914785_convert_20110314141215.jpg
先ほどツイッターで見つけた画像です。http://twitpic.com/48ykpt

今回の震災ではペットをおうちに残したまま避難された方、せめて生き延びてくれることを祈って首輪を外して避難された方もいらしたと聞いています。

その後、「ペットにごはんをあげてくる。」と言い残したまま帰らない方もいらっしゃるそうです。
家族の安否を気遣うとともに、ペットの所在を探し回っている方もいらっしゃるでしょう。

震災直後のラジオで、『かわいそうですが、他の方の迷惑になるので避難所には連れて行かないでください。』と、アナウンスされたようです。
ですが、本当にそうでしょうか?

置いていくことで2次被害を誘発するのなら、人命を優先する中レスキューの方々がペットの命にも気を使ってくださるのなら、まずは避難所にご自身とご家族、そしてペットの安全を確保したほうが、効率的なのではないでしょうか。
避難所がペットの受け入れを拒否するのなら、そのとき対処を考えればいいじゃないですか。
集まったペット連れ同士、別のコミュニティーを作ればいいじゃないですか。

避難勧告が出た際には、とにかくペットを同伴しましょう。家族全員の安全さえ確保できれば、復旧のための一歩が踏み出せます。
そして、ペットを連れていることで不利になることがあったとしても、1週間がんばってみてください。きっと動物のための救いの手も届くはずです。


前回の愛護法改正後に各自治体では動物愛護管理推進計画を策定し、災害時の対策を検討しています。

***以下mixiからの転載***

・緊急災害時動物救援本部は緊急時の基金や資材を準備しており、 被災地の皆様におかれましては、一緒に被災したペットが支援を受けられる体制(動物救護シェルターの仮設、被災動物の収容、資材、物資供与等)を自治体へ要望して下さい。

・災害時の被災動物対策に関しては、各地方自治体が災害対策基本法に基づく地域防災計画や動物愛護管理法に基づく動物愛護管理推進計画の中で施策に組み込んでいます。 各地方自治体が、被災住民の要望に応じ緊急災害時動物救援本部に救援・協力依頼を要請する手順です

・災動物に関しては、地方自治体の要請に応じ、緊急災害時動物救援本部が設置されます。  
*緊急災害時動物救援本部構成団体: 社団法人日本獣医師会  財団法人日本動物愛護協会  社団法人日本動物福祉協会 公益社団法人日本愛玩動物協会  社団法人日本動物保護管理協会


※災害種別ごと・動物別・住環境別など、いろいろな場合を想定して避難についてまとめられています。
災害が起こったら http://www.animal-navi.com/navi/refuge/refuge_menu.html


※自治体が特にすすめるペット用防災グッズです。鑑札、迷子札、クレート(もしくは屋根つきケージ)、食事と水(3日分)、首輪、リード、トイレ用品、常備薬、愛犬の写真。身近なものばかりですが、再点検したほうがいいかもしれません。Twitter より


※避難所に入所する場合に準備しておいたほうがいいもの。狂犬病予防注射済票、食器(プラスチックやステンレスなど軽量で割れない素材)、救急用品(包帯、滅菌ガーゼなど)、消臭スプレー、健康手帳、動物病院の診察券、タオル、新聞紙、ゴミ袋、抜け毛対策グッズなど。


※仙台市"地震等の災害時の避難にあたっては、ペットを置き去りにせず、同行することが必要です。仙台市動物管理センターでは、災害発生時、(社)仙台市獣医師会・仙台にゃんわんぐるーぷnetと協働で動物救護所を設置するなど、動物保護対策を実施します。

***ここまで***

また、情報サイト【被災動物相談所(ツイッター)】http://d.hatena.ne.jp/Vespa-mandarinia/も開設されています。


今から防災の準備を再確認するとともに、どうぞ正確な情報の入手にも努めてください。

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

16:08  |  ボランティア  |  TB(2)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.13 (Sun)

地震

大きな地震でしたね。

揺れはじめて、こりゃやばいと思うまで数秒。
とにかく3匹を抱えて玄関のドアを開け、外の様子を見ていることしかできませんでした。長かったです。

揺れが収まった後、子供たち3人にそれぞれ『大丈夫?』とだけメールを送り、次の余震に備えて3匹にリードをつけ、差し当たりのフードや予防接種の証明書、カートの用意と思い当たる犬グッズを揃え、通帳、財布をバッグに詰めコートも玄関に置きました。

普段から3匹には24時間迷子札付きのハーネスを着けているのですが、3匹抱えてしまうと他のことが何もできなくなってしまうのに気が付き、取り合えずリードを付けておけば手が使えると考えました。

何度かの余震をやりすごしているうちに、子供たちからメールが返ってき始め、3人とも『無事』の知らせにほっとしたのもつかの間、最初の揺れと共に送電がストップした仮オカン家は部屋に電気が点く夜9時過ぎまでろうそくの灯りひとつと、ひざ掛けで暖を取って過ごしました。

2011+03+11_縺・■縺農1177_convert_20110314013700

やっぱり3匹もいつもと違う様子に不安だったのでしょうね。

2011+03+11_縺・■縺農1180_convert_20110314013742

ぐーもあいちゃんもいちごちゃんも足元から離れません。

2011+03+11_縺・■縺農1186_convert_20110314013834

寒かったこともあったのでしょう。
抱っこして毛布にくるんであげたら、うとうとと眠り始めました。

2011+03+11_縺・■縺農1187_convert_20110314013939

このまま朝まで抱っこしていてあげようね。


今日の夕方帰ってきた娘は4月からの進路の書類を提出しに広尾に行っていたそうで、地下鉄・六本木一丁目のホームで電車を待っていた時に揺れが始まり、『地上に出るまでホント怖かった。』そうです。
110311_150342.jpg
地上にはでたものの、駅の上のビルはスプリンクラーが作動したのか配水管が割れたのか、天井の照明から水が溢れ、床が水浸しだったそうです。
結局、日が暮れる前にと、学校まで40分歩き、学校の研究室に泊まっていました。

長男はビルの11階の会社で地震に遭い、3時間歩いて夜9時過ぎに帰って来たのですが、部活で学校に行っていた次男は校内で一番新しい建物に避難し、朝を迎えたそうです。


大きな被害もなく、ほどなく家族全員の無事を確認できたことは、本当に幸運でした。

被災された皆様、心からお見舞い申し上げます。

テーマ : - ジャンル : ペット

02:25  |  いちご  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.04 (Fri)

《桃の節句》のはず

3月3日は確か桃の節句だったはず。

めんどくさがり屋の仮オカンは、おねぇちゃんがちっとも帰ってこないことをいいことに、ちらしのひとつも作ってくれる気配はないし…
おなか空いちゃったことだし、あいちゃんはおいしそうにたべてるし…
2011+03+04_縺・■縺農1142_convert_20110314003959

はしたないですよ、いちごちゃん
2011+03+04_縺・■縺農1147_convert_20110314004036

女子二人には呆れちゃうよね、ぐーちゃん。
2011+03+04_縺・■縺農1148_convert_20110314004111


テーマ : - ジャンル : ペット

14:35  |  いちご  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.03 (Thu)

パピーミル崩壊レスキュー

title_convert_20110314010948.jpg

mixi・仮オカン管理の【狆の里親さん募集】より転記

特定非営利法人活動 動物愛護団体 エンジェルズ
  http://angels2005.org/
 パピーミル崩壊レスキュー
   http://angels2005.org/201102rescue/index.html

 《詳細》ずばり一言 http://angels1947.blog104.fc2.com/
     活動日誌  http://teamangels.blog89.fc2.com/


また大きな繁殖場の破綻が起きたようです。
今までの崩壊では多数頭の狆を見ることはなかったのですが、今回は狆だけで30頭以上になり、その中にはパピーもいるようです。

正確な情報は3月13日の固体識別を待つしかありませんが、情報元の【エンジェルズ】はできるだけ多くの協力関係を希望しており、【狆の里親さん募集】コミュでも1頭でも暖かい家庭に繋げるお手伝いができたら、と考えていはいるのですが、もし、団体間で協力を申し出るとすると、【エンジェルズ】から団体譲渡の形で引き取り、その後は【狆の里親さん募集】の責任で保護・医療処置・譲渡を行うことになります。


ですが、今現在団体としての組織があるわけでもなく、コミュのみなさんのご協力に頼るしかありません。

人の手も、資金も必要になってくるかとは思いますが、まずは一時預かりにご協力いただける方はいらっしゃいませんか?

1頭でも多くの子を助けてあげたいです。

ご協力のお申し出、よろしくお願いいたします。

転載・リンクの許可はいただいておりますので、mixi・ブログ・ツイッター等での協力者募集にもご協力ください。

[3月7日 追記]
【エンジェルズ】《パピーミル崩壊レスキュー》にご支援を検討していらっしゃる皆様へ

3月6日現在、現場からの情報が錯綜しております。
ご支援を検討してくださっているみなさまには、今しばらく送金・送付をお持ちいただき、全頭の保護を終了した段階で改めてご支援をご検討いただければ幸いです。


[3月11日 追記]
経過報告]

大変ご心配いただいております《パピーミル崩壊レスキュー》ですが、現在のところ、【エンジェルズ】側からぐーぐーへ直接のご連絡はいただいておりませんので、【エンジェルズ】HPの2つのブログから状況を推測するしかありませんが―

まだ現場からの引き上げは始まっていないようですので、現在【エンジェルズ】で保護されている子は12頭のままのようです。

この段階で【狆の里親さん募集】で団体譲渡を検討するのは時期尚早と考えており、今後現場に進展があり多数の犬が保護されることがあれば、再度こちらでの引き取りを検討したいと考えております。

その際は詳細を報告をしつつ、みなさんのご協力を仰ぐことになるかと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : - ジャンル : ペット

01:07  |  ボランティア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。