All archives    Admin

04月≪ 2011年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.09 (Mon)

3匹でお散歩

いつもの公園の山藤もそろそろ終わりに近づいてきましたね。
年々大きく広がってくる山藤。成長が毎年の楽しみでもあります。
2011+05+09_縺・■縺農1270_convert_20110611171047

まだ早い時間に夕方のお散歩に出ることができたので、相変わらず3狆ゾロゾロ連れてのお散歩です。
公園の出口に近くなる頃、写真を撮るちょっとの間だけリードを放して正面からカメラを構えます。
2011+05+09_縺・■縺農1272_convert_20110611171129

いちごちゃん、嬉しそうね。
チャームポイントの舌がヒラヒラしてるよ。
2011+05+09_縺・■縺農1273_convert_20110611171200

だから~、ぐーちゃんのリードで遊んじゃだめだってば!
ぐーちゃんも少しは怒りなさい!!
2011+05+09_縺・■縺農1274_convert_20110611173519

あいちゃん、いちごちゃん捕獲したからもうあいちゃんにいたずらしないよ、隠れてないで出ておいで。
2011+05+09_縺・■縺農1278_convert_20110611171413

まだまだいたずら盛りのいちごちゃんとのお散歩は疲れるね、ぐーちゃん・あいちゃん。
スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : ペット

23:16  |  いちご  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.08 (Sun)

【犬と猫と人間と】再び

映画『犬と猫と人間と』を鑑賞してきました。

今回は【動物との共生を考える連絡会】が主催となり、【かわさき犬・ねこ愛護ボランティア】が共催した『動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川』の第一部としての上映会でした。

2009年6月に江ノ島で行われた上映会には同時開催のパネル展スタッフとしての参加だったので映画自体を鑑賞することができず、2009年2月のお披露目上映会以来2回目の鑑賞となりました。

間2年を経て、こちらの見る目にも変化があったのでしょう。今回の鑑賞で印象に残ったのはやはり“ワン”に関する部分でした。(前回はやっと【ねりま猫】が収束に向かう途中でしたので、意識は猫さんに向いていました。)

映画中、飯田監督がある獣医にインタビューする中で戦中の犬の処遇を話されながら、『国が平和でないと結局動物が犠牲になる。』と言ったような事をお話されていました。
3月11日以来の福島を見ていると、本当に戦中のような大義名分が振り回され、たくさんの動物が犠牲になっています。70年経っても、たとえ《動物の愛護と管理に関する法律》を作ったとしても日本人の本質は変わってないんじゃないかと思うほど動物の命がなおざりにされ、残念でなりません。

いえ、だからこその『動物愛護管理法を考えるシンポジウム』なんですよね。

もう一つ、心に残った場面は【神奈川県動物愛護協会】の保護犬“しろえもん”のトレーニング場面でした。
元気で明るく天真爛漫な“しろえもん”にトレーニングを施すのですが、最初のトレーナーさんはチョークチェーンで思いっきりジャークする強制訓練のトレーナーさん。“しろえもん”の表情がどんどん曇っていく様子が痛々しかったです。
次にいらしたトレーナーさんはクリッカートレーニングを応用し正の強化を基本にしたトレーナーさんで、みるみる“しろえもん”の表情がいきいきと変化していくのが見て取れました。
何より“しろえもん”を見守るスタッフのみなさんの顔が明るくなるのですね。

“しろえもん”のトレーニング場面はごくわずかなものでしたが、この映画を観て犬も飼い主も穏やかに心を通わすことのできるトレーニング方法があるということに多くの方が気がついてくださることを願っています。

映画の上映後、飯田基晴監督と山崎恵子氏(ペット研究会「互」)の対談を拝聴しました。

2011+05+07_縺・■縺農1279_convert_20110529162415

2011+05+07_縺・■縺農1280_convert_20110529162634

山崎さんが飯田監督に『是非、動物問題をテーマにした映画の第2弾を』とおっしゃっていましたが、なんとなく構想はあるようですよ。期待しましょうね。

そして、『犬と猫と人間と』の小学生向け縮小版の製作もそろそろ完成するそうです。小学生への啓発にも期待大です。
監督、完成をお待ちしていますね。


この日のメインイベントはもちろん『シンポジウム』だったのですが、仮オカンはタイムオーバー。
本当に残念ですが、後ろ髪を引かれる思いで帰ることにしました。

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

03:15  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.01 (Sun)

「動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川」のお知らせ

へちまこさんのブログ【liddell the dog】からのお知らせです。

お時間のある方、映画『犬と猫と人間と』をまだご覧になっていらっしゃらない方、動物愛護法改正にご関心のある方、是非お運びください。
仮オカンも時間の許す限りお邪魔するつもりです。

【liddell the dog】
  《「動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川」のお知らせ》
     http://living-wan.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/in-5193.html

********************************

動物との共生を考える連絡会主催

動物愛護管理法を考えるシンポジウム in 神奈川

動物愛護管理法の見直しに向け、現状の問題点や課題を共有し意見交換を行うシンポジウムです。

第1部

「犬と猫と人間と」 上映会 (入場無料 定員:200名先着順) 

町を歩けばあちこちで目にする光景があります。それは散歩中の犬や、路地裏でくつろぐ野良猫たち、しかし、全ての犬や猫が幸せな一生を送れるわけではありません。空前のペットブームの影で、日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。1日に1000匹近くが殺されている現実があります。

あなたは、犬と猫たちのことをほんとうに知っていますか?

「犬と猫と人間と」 公式サイト www.inunekoningen.com/


会 場: ラゾーナ川崎プラザソル 川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ5F

日 時: 2011年5月7日(土)

会 場: 10:10~

上 映: 10:30~12:30

対 談: 12:30~13:00 

     飯田基晴 監督(「犬と猫と人間と」監督)+山崎恵子氏(ペット研究会「互」)

第2部

動物愛護法改正シンポジウム (入場無料)

 「法で支える動物との共生~今、何が欠けているのか?~」

時 間: 14:00~17:00

パネリスト: 馬場 国敏氏(社団法人川崎市獣医師会会長)

        角 洋之氏(川崎市動物愛護センター所長)

        山口千津子氏(社団法人日本動物福祉協会)

        廣田とも子氏(かわさき犬ねこ愛護ボランティア)

コーディネーター:山崎 恵子氏 (ペット研究会「互」)


*主 催:動物との共生を考える連絡会

*共 催:かわさき犬・ねこ愛護ボランティア

*後 援:川崎市/社団法人川崎市獣医師会


お問い合わせ:かわさき犬・ねこ愛護ボランティア 090-3236-5535  090-3236-5535(担当:森)

追記あります。

上映会へご参加の方にお願い

今回の上映会につきましては、小学生以下の児童のみでの鑑賞はお断りとさせていただきます。前回、小学生以下の児童のみを残された保護者の方がおられます。

映画は2時間余りのドキュメンタリーですので、低学年の児童によっては途中退席が目立ちました。

映画の場面によっては、子どものみでは観るに堪えかねない場面もあります。子どもたちのメンタルな部分をサポートできる保護者とのご同伴のもと、ご鑑賞をお願いいたします。

まだ余震の影響が残る中での上映会となると予測できますので、ボランティアだけでは、子どもたちの安全の確保に責任が持てません。子どもたちの安全のためにも保護者同伴の鑑賞をお願いいたします。

社会的な問題を提起したドキュメンタリー映画ですので、どうぞ、ご家族でご鑑賞いただき、ご家庭での子どもを交えたデスカッションができることを、ボランティア会員は強く望んでおります。

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

21:11  |  お勉強  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.01 (Sun)

いちご 一年

いちごちゃんをお預かりして1年が経ちました。

2011+05+01_縺・■縺農1255_convert_20110525142615

あっという間だったね。
大きい手術にもよく耐えてくれました。
とってもかわいがってくれていた元の飼い主さんのところとは全く違う環境にもすっかり馴染んでくれました。

後は本当のお母さんが早くいちごちゃんを見つけてくれるだけなんだけどね。

2011+05+01_縺・■縺農1256_convert_20110525142657

いちごが仮オカンのところにきてくれたおかげで、仮オカンは犬の『ワン』の意味を一生懸命考えることができるようになったよ。
年を重ねたぐーやあいちゃんにはない若いいちごの気持ちを満たしてあげるにはどうしたらいいか、一生懸命考えるきっかけをもらえたよ。

ありがとう。いちごちゃん。

2011+05+01_縺・■縺農1257_convert_20110525142732

でもね仮オカンはね、いちごにとって一番良い環境はどういうところなんだろう?っていつも思っているの。

だって、いくらいちごちゃんがぐーちゃんに遊ぼう!って言ってもぐーは聞こえないし、終いにはガウって怒るし。ちっともそばに寄らせてくれないよね。
あいちゃんはいちごちゃんを怖がって、いちごちゃんが近寄るとそーっと離れて行っちゃうし。
なんとなくいちごはいつもぽつんと離れて寝ているよね。

2011+05+01_縺・■縺農1258_convert_20110525142814

ほんとうは、いちごちゃんだけをいつもお膝の上に乗せていてくれるようなお母さんのいるおうちの方がいいんじゃないのかな?
せめて、同じくらいの年齢の同居犬のいるおうちの方がいいんじゃないかな?

2011+05+01_縺・■縺農1259_convert_20110525142904

そんなおうちのお母さんが、早くいちごを見つけてくれるといいんだけどな。

テーマ : - ジャンル : ペット

14:22  |  いちご  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。