All archives    Admin

05月≪ 2017年03月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'11.24 (Wed)

たでーま!!

一晩入院して、今日はお迎えです。

もう一度、F先生から詳しいお話を伺いました。
麻酔下で撮った首のレントゲンでは、挿入した骨セメントには問題は診られなかったものの、7本のピンの内1本のピンが折れていました。
今現在は他の6本が補強し合っているので、すぐに再整復手術の心配はないそうですが、今後、いちごちゃんの一生のうちには再手術が必要になる時があるかもしれません。

もう一つ、子宮の状態も説明していただきました。
先生は、子宮を摘出した際、2歳齢にしてはずいぶん大きな子宮だと感じたそうです。
私の目の前で子宮を切開してくださいましたが、中から黄色く濁った膿み様の液体が若干でてきました。
(画像を追記に載せますので、ご覧になれる方のみご確認ください。)

「子宮内膜炎の兆候があったのかもしれませんね。」とのことで、先週白血球の数値が上がっていたのも、もしかしたらここに原因があったのかもしれませんね。
術後の抗生剤を5日分投与した後 抜糸まで10日ほどありますので、抜糸の際再度血液検査をして数値が安定していれば、術前は内膜炎の影響で炎症が起きていたのかもしれない、と考えられますし、再度数値の上昇が診られれば骨セメントや固定ピンの影響で炎症反応が起きているのかもしれない、と考えられそうです。

どちらにしても、このタイミングで血液検査・避妊手術をしたことは、いちごちゃんにはとてもラッキーなことだったかもしれませんね。

やっぱりいちごちゃんは強運の持ち主です。


診察室から出たとたん、喜びの舞!(なぜ、待合室にお布団が敷いてあるの?)
2005+01+01_縺・■縺農0942_convert_20101206143906

がんばったいちごちゃんを看護士さんがぎゅーっと抱きしめてくださいました。
2010+11+24_0951-1_convert_20101206143655.jpg

忘れちゃいけないご褒美のクッキーもF先生がたくさんくださいました。
2005+01+01_縺・■縺農0940_convert_20101206143802

さあ、おうちに帰ろう!




ずーと我慢していたのだけれど、おうちの駐車場に着いてバックギアのピーピー音が鳴ったとたん、キュンキュン鼻鳴きし始めました。
いちごちゃん、一晩お泊りしたらとっても甘えん坊さんになってしまったようです。
[広告] VPS

可愛すぎは反則ですよ、いちごちゃん。



玄関から一直線にリビングのドアを通り抜けたいちごちゃん。
リビングに入ったとたん、爆睡中のぐーちゃんとあいちゃんに向かって大きな声で言いましたよ。

『ぎゃん!ぎゃん!(たでーま!帰ってきたよ!)』

不思議ですねぇ。いちごちゃんがこう言ったと確信が持てます。
吼えることをしないぐーちゃんとあいちゃんだけでは知ることのできなかった犬の言葉を聴けたようです。
『ぎゃん!ぎゃん!』をこれほど愛しいと思ったことはありません。
仮オカンにいちごちゃんの声を聞かせてくれてありがとうね、いちごちゃん。


この日いちごちゃんは、初めてあいちゃんの寝ているカドラーにもぐりこんで
                               寝ました。
2005+01+01_縺・■縺・010+11+24_0959_convert_20101206143833

【More・・・】

摘出した子宮です。
2010+11+24_縺・■縺・0950_convert_20101206143613

スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : ペット

20:56  |  いちご  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tinichigo.blog130.fc2.com/tb.php/108-f3b9949f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。